やまさきのblog

勉強会参加〜新大阪〜

2018年03月26日(月)

昨日は新大阪で整体の勉強会でした。

いつも私がお世話になっている大和整体の大阪版勉強会ですが、東京と違うのは大阪版の参加者の対象となる人向けということです。

 

というのも、整体にはいろいろな流派・考えがあり、それぞれに「なぜ良くなるのか?」という理論があります。

そして多くの施術者は「治す」ために整体をおこなうものです。

「え?それって当然じゃないの?」って思いますよね。

そうです。それが多数派です。

 

しかし、この整体理論の面白いところは、「治す」ではなく「治させる」ということ。

 

基本的に「体は自然に良くなっていく」という仕組みがあります。

よくならないのは「何か」が邪魔をしているからで、それを整えて状態を良くするわけですが、仮に一方的に「治す」意味合いで整体をするとします。

そうすると、変化したその体は自分で選択した状態ではなく強制的に変えられているということなので、変化する前の状態に早く戻ってしまいます。

しかし、「体に治させる」という意味で整体をすると、自分で「体を治す」ことを選択して変化していくわけですから、当然体に馴染むんですよね。

言葉ではちょっとした違いですが、これには大きな違いがあります。

 

つまり、そんな理論に馴染みがない先生が対象のため、参加者にわかりやすいように丁寧に、本当に丁寧にわかりやすい説明を師匠から聞くことができたのです。

 

なかなか他ではこういう話を聞くことはできないと思う。貴重です。

 

まぁ理論も知っているだけでは不十分で、結局は長い時間の継続&鍛錬が必要なんですけどね。

施術者の体の使い方や、相手の状態の小さな変化も見逃さない感覚の精度、施術の精密さなど、細いことがたくさんありますが、ひとつひとつ意識してレベルが上がっていく未来が想像できるって楽しいんです。

もちろん、イコール多くの方に貢献できるということだと思いますし。

 

昨日の勉強の内容を復習して自分のものにし、仕事に活かせるよう復習です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)