京都市で頚椎症と診断された方へ

頚椎症とはなにか?

頚椎症は、変形性関節症の一種で、首を通っている神経が圧迫されて頚肩部の疼痛、運動制限、シビレなど様々な症状が起こる病気です。

脊髄が障害されている場合は頚椎症性脊髄症、神経根が障害されている場合は頚椎症性神経根症といいます。

頚部脊椎症や頚部骨軟骨症ともいいますが、ここでは頚椎症で統一します。

40歳台など中年期から多くなる頚椎症ですが、最近はデスクワークやスマホの使用などで、若いうちから頚椎症になる人も増えてきています。

頚椎ヘルニアと似た所が多い頚椎症ですが、ヘルニアは一時的(数ヶ月)なのに対し、頚椎症の方は加齢と共に増えていき、少しずつ悪化していきます。

頚椎症の原因は?

頚椎症の原因は、首の骨や椎間板の老化や変形といった退行変性。いわゆる老化です。

主な変形部位は、頚椎の椎間板、ルシュカ関節、椎間関節などで、脊髄神経の通り道(脊柱菅)や、椎体と椎体の間(椎間孔)が狭くなる(狭窄)ことで症状が出ます。

例外として、追突事故などの外傷や先天性、発育性脊柱菅狭窄症の場合もあります。

頚椎症の症状は?

頚椎症は、肩こりや首の痛み、肩や腕のしびれ、後頭部の痛み、首を後ろに反らせられないなどの運動制限、足のシビレやけいれん、耳鳴り・めまい、歩行障害、排尿障害、精神的疾患に発展。など様々な症状が出ますが、障害されているところが脊髄か神経根かで症状が違います。

脊髄の場合

脊髄症手(ミエロパシーハンド)、下肢腱反射亢進、痙性歩行障害、神経因性膀胱が起こる。

神経根の場合

「神経根刺激症状」・・・しびれ、放散痛があり、神経根の後根が冒された場合は感(知)覚異常が起こり、前根が冒された場合は筋の繊維束性(攣縮)が起こる。

「神経脱落・麻痺症状」・・・感(知)覚麻痺、脱力、脱失、筋萎縮が起こる。

西洋医学や一般の病院での頚椎症に対する治療

病院での治療は薬、注射、リハビリなどの装具、保存療法と手術療法があります。

薬物療法(消炎鎮痛剤・神経再生薬)

疼痛に対しては、非ステロイド系鎮痛剤の消炎鎮痛剤であるロキソニンやボルタレンが処方をされます。

ちなみにロキソニンは即効性があり、ボルタレンは効き目が強力であるといった違いがあります。

これらの薬は痛みを感じなくなるほど効果が高いものですが、その反面、副作用もあります。

胃腸に負担をかけるので、胃腸薬も同時に処方されますし、発疹、貧血、腎臓への負担、心臓への影響もあります。

これらの薬は痛みを止めているだけで、直接、根本原因を解決しているわけではありません。

また、傷ついた神経を再生させるために、メチコバールやビタミンB12といった神経再制薬が処方されることもあります。

物理療法

病院(整形外科)では、頚椎の牽引や温熱療法、低周波療法などが行なわれます。

頚椎症は頚椎がつぶされてしまっていることが原因なので、頚椎の牽引はよくおこなわれます。

しかし、潰れて縮んだものを引っ張ったからといって、効果があるとは限りません。そのときは多少楽になった感じもあると思いますが、また重力によって元通りになります。

また、強い牽引は頚椎症の状態を悪化させてしまうこともじゅうぶん考えられます。

装具療法

安静目的で頚椎カラーの装着をします。

ブロック注射

痛い場所の神経の近くに局所麻酔薬(キシロカイン)を注射し、痛みの伝わりをブロックする注射です。

痛みの原因を治すのではなく、あくまで痛みの伝わりをブロックする治療です。うまく効果が出たら、痛みが治まるので筋肉が弛緩し回復するための血流は良くなります。

注射が効いている間は、変形している状態は変わらないにもかかわらす、「動けてしまう」ので、薬が切れたときに悪化する可能性もあります。

手術療法

下肢痙性麻痺・排尿障害・上肢巧緻運動障害・以上のような症状が出ている場合は、手術適応です。

椎弓形成術や脊椎前方固定術という方法を行いますが、頚椎という場所がら、なるべく手術は避けたいので、こうならないように予防することが大切です。

病院で頚椎症がよくならないのはなぜ?

病院でよくならないのは、症状の出ている部分だけを見て、その症状を抑える治療しかできておらず、本当の原因にアプローチできていないからです。

 当整体院が考える頚椎症の原因

頚椎症は首の骨の変形や老化が原因ですが、元を辿ればあなたの身体のバランスが崩れていることです。

人の背骨は横からみたらS字の曲線になっていて、一番上に重い頭が乗っています。

しかし、歪んだ足元、内臓の疲労、感覚の異常により身体のバランスが崩れると、姿勢が悪くなります。

その結果、頚椎に過剰な負担がかかり変形していくのです。

 

整体だからこそできる頚椎症の改善

当院の整体では、頚椎だけに捉われず、全身のバランスを整えた結果、頚椎にかかっている負担を減らすよう施術をします。

実はあなたの身体には、自分では気付いていないけれどちゃんと動けていない所があります。

デスクワークやスマホで頚椎に負担をかける姿勢を続けているとそうなります。

動いていなかったところが動くようになることで身体の回復力があがり、悪化も予防することができます。

頚椎症は予防が大事です。

 

足首の調整

身体の土台は足です。特に足首にはたくさんの骨が集まっています。足首が歪んだり捻じれたりすると、その上に乗っている体は歪んだ状態を反映します。つまり、歪むことでバランスを取ろうとします。

これは無駄な力を使い続けることになるのでもったいないんです。だから足首の調整をして真っ直ぐ立てるような状態に整えます。

呼吸器や内臓

暴飲暴食で内臓が疲労しすると姿勢が悪くなり、腰やお尻周りの緊張を強くしてしまいます。お腹や腰が緊張すると腰やお尻の筋肉が緊張し、身体のバランスがおかしくなります。

内臓の状態を手技によって整えることでからだの緊張を取り除いていきます。

ストレス

ストレスは筋肉や内臓を緊張させ、動作をぎこちないものにさせます。

ぎこちない動きは連鎖的に次の緊張を生むので、からだの状態を整えることで結果的にストレスが抜けるようにします。

当院の整体では、緊張した筋肉、ゆがみのある関節、内臓を含む全身を調整します。

その結果、骨盤周りの負担が軽減し、回復が早まります。

また、日常生活上の注意点やアドバイス、簡単にできるセルフケアをお伝えすることで症状の再発も防ぎます。

日常生活のアドバイス

頚椎症は、むやみに首を動かすと悪化する恐れがあります。

あなたの身体の状態を見た上で、自宅で出来る簡単なセルフケアをお伝えすることで回復を早めます。

 

当院で行なっている整体について

整体には、揺らす、押す、触れる、動かす、関節を動かす(ボキボキ)など、色々な施術方法があります。

しかし、当院では一つの整体方法・テクニックにはとらわれません。

また痛みやしびれといった症状だけではなく、目の前にいるあなた個人の状態を深く見ることで最適・最善な方法で施術を行ないます。

年齢・性別・身長体重・育った環境や好きな食べ物など、一人ひとり違った人間なんですからそれは当然のことですよね。

もともと人には「常に良くなろうとする力」が働いています。なかなか良くならないのは、土台がしっかりしておらず全身のバランスが崩れているからです。

当院では、土台である足を調整することで、あなたが本来持っている「治ろうとする力」が発揮されるお手伝いをします。

 当院を選ぶ3つのメリット

①今までにない整体を受けられる

当院は、あなたの体の状態に合わせた施術で、立った時に足がどっしりと地に着いた体になれる整体です。

痛い所や悪いところをグイグイ押したり揉んだりするような、他によくある整体・カイロプラクティック院の刺激とは違った施術を受けることができます。

他院と違う整体を味わってみてください

②体の感覚が正しくなる

体が良くなるのは、子供の頃には誰しもがそうであったように、あなたの感覚が正しくなっている必要があります。

例えば、体が傾いているたり歪んでいても、あなたの感覚では真っ直ぐと認識していたら良くはなりません。

当院の整体で正しい感覚を思い出してください。

③アフターフォローの充実

当たり前ですが、あなたは、当院に来てから帰るまでの40~50分よりも、はるかに長い時間を一人で過ごします。

多くの症状の原因は日頃のクセや習慣に潜んでいます。

あなたに合わせたカンタンな体操や日常生活上のアドバイス・注意点などをお伝えすることで再発予防にも努めます。

院長やまさきからのメッセージ

頚椎症の痛みやシビレって辛いですよね。

ただ、あなたの症状を起こしている原因を見つけて、適切なことを行なえば改善する可能性があります。

病院でも他の治療院でも良くならなかった場合でも諦めないでください。

あなたが良くなる方法はきっとあります。

もしあなたが、病院や他の整体院に行ってもあまり良くならなかった・・・。

そんな場合は一人で悩まずに、ぜひご相談ください。

一緒に体をよくして行きましょう。

メニュー・料金について

初回8,000円(初回検査料金2,000円+施術料金6,000円)
2回目以降~6,000円