あなたはこのような症状の腰痛でお悩みではないですか?

  • 長い時間座っていると腰がズーンと重く痛くなる
  • 立ち上がるとき腰がズキッと鈍く痛む
  • 年に一度ぎっくり腰のような感じになる
  • 朝起きたら腰が痛くなかなか起き上がられない

腰痛の85%は原因がわからない?

日本人の4人に一人、つまり3000万人弱が悩まされているといわれる腰痛。

そんな腰痛ですが、実は腰痛の85%は原因がわからないと言われています。

つまり、椎間板ヘルニア、腰椎分離症・すべり症、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、がん・・・など、「コレが悪い」とわかっている特異的腰痛は全腰痛の15%に過ぎないんです。

では85%を占める非特異的(原因の特定できない)腰痛はいったいどういうものでしょうか。

腰痛の原因として考えられる3つのこと

・筋肉や関節の疲労

「腰が痛いのは筋力が足りないからだ」とよく言われますが、実はそれだけではありません。

むしろ、子供は筋肉が少なくてもそうそう腰痛になることがないことからもわかるように、筋力自体はさほど必要ではありません。

つまり長時間の同一姿勢や同じ作業の繰り返しで柔軟性の失われた筋肉・関節が腰痛をおこす原因の一つとなっています。

・内臓の疲労

食べすぎ飲みすぎなど、とにかく現代人は内臓を酷使しています。

おなかが弱い、あるいは調子が悪いと、お腹の圧力を使えなくなるので、腰周りの筋肉ばかり疲れて痛みを発するようになります

・ストレス

社会生活や人間関係など、過度なストレスがかかり続けると自律神経のバランスが乱れます。

すると、筋肉や関節がスムーズに動かなくなり、腰の痛みを感じやすくなります。

腰痛はどんな治療をしたら良くなるの?

病院では手術や投薬。そのほかには接骨院や鍼灸、マッサージ。整体、カイロプラクティックなどの手技療法があります。

 病院でよくならないのはなぜ?

整形外科など、病院での画像診断で「異常なし」となると、コルセットの装着や痛み止めの処方で治療が終わってしまうからです。

腰痛が様々な症状を引き起こします

腰が痛いと動くのが億劫になり、ますます動かなくなります。するとさらに腰が痛くなり・・・と悪循環になります。

その結果、特異的腰痛。

つまり、椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症、腰椎分離・すべり症など病気になって、今よりも痛みやしびれがキツくなるおそれがあります。

整体だからこそできる腰痛の改善法

整体では、腰の痛いところだけにとらわれず、全身のバランスを見て腰を痛くさせている原因を改善していきます。

お腹や足のバランス、全身を緊張させている首や頭の施術を行います

当院で行なっている整体について

「結果」である腰の固くなっているところや痛むところは直接触らずに、原因となっている所を突き止めて施術していきます。

体の土台である足を安定させて、お腹にドシッと力が入るように体を調整します。

そして、よい状態を保つために簡単な体操や日常生活上の注意点などを指導しています。