やまさきのblog

送り火そして消し炭

2018年08月17日(金)

京都の夏の風物詩「五山の送り火」

自宅から近い御園橋で、キレイに見えると噂の船山の「船形」と、ちょっと遠くに見える如意ヶ嶽の「大」を見ました。

噂どおり、なかなかきれいに見える「船形」

翌日は、消し炭を拾いに朝から如意ヶ嶽(大文字山)へ。

登山道は前日降った雨の影響もほぼなく、歩きやすい状態でした。

足元はもちろんワラーチで。

「大」の火床に到着して炭探し。

客観的に見ると完全に少年おじさんです。

棒でツンツンしながら状態のよい炭を探すものの、朝8時半では既に取り尽くされていて小さいのばっかり。

 

その中でも一番大きかったのがコレ。

 

この日は天気が良くて、京都市内が一望できました。

山登りはいいですよね。

走る時とはまた違ったカラダの使い方になりますし、単純に気持ちいい。

 

そろそろ愛宕山にも登りたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)