やまさきのblog

課題の分離-嫌われる勇気-

2018年03月24日(土)

久しぶりの更新です。

ブログをアップする気も起きないくらいボロボロに終わった3/4の淀川寛平マラソン。

しばらくランニングから遠ざかっていたのですが、最近ようやく気持ちが上がってきました。

肉体的、精神的なダメージって侮れませんね。

 

さて、3月はこの5冊の本(著者の敬称略)を読みました。

・嫌われる勇気 岸見一郎 古賀史健

・幸せに生きる一人の法則 江原啓之

・「大転子ランニング」で走れ!マンガ家53歳でもサブスリー みやすのんき

・マラソンは「ネガティブスプリット」で30分速くなる! 吉岡利貢

・第三の脳ー皮膚から考える命、こころ、世界 傳田光洋

どれも面白い。本はいつも忘れかけていた何かに気付かせてくれます。

 

アウトプットの意味を込めて「嫌われる勇気」から一つ。

「課題の分離」という章に、「馬を水飲み場まで連れて行くことは出来るが、水を飲むかどうかは馬の勝手だ」という一説があります。

 

厳しいことをいうようですが、体の痛みや不快感って100パーセント自分自身の責任。

はじめは小さな違和感程度だった体の声を無視したり、暴飲暴食などの不摂生を繰り返したり、

職場環境や人間関係など良くない環境に身を置いていることも、全て自分が選択したことです。

 

その上で、課題の分離をすると、

「自分(私)の課題」・・・整体で体が良くなる手助けやお膳立て。

その後どうなるかは「他者(あなた)の課題」だと言えます。

そんな風に言うと、体が整ったら「はいおしまい!」と無責任な冷たい感じを受けるかもしれませんが、過剰に介入することは、子どもの宿題を親がやってしまうようなものなのです。

つまり、子どもが学び、成長する機会を奪うことになるので、結局子どものためにならない。

 

もちろん整体では、その場だけではなくその先も見越して施術を行ないます。

しかし、今までの生活習慣を改めなければ、いずれ元に戻るのは明らかです。残念ながら。

 

だからこそ「自分の課題」として経験や学びを続けて、出来ることを確実にしていくしかないんだと考えています。

 

余計な手出し・・・なかなか線引きがむずかしいですけどね。

 

なんにしても、これは「自分の課題」か「他者の課題」かと考える習慣をつけると、気持ちが軽くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)