やまさきのblog

集大成。道はまだまだ。

2017年03月9日(木)

3/5(日)東京駅から歩いて会場へ向かう途中。

永代橋付近の隅田川で、もう咲いている桜がありました。

もう春はそこまで来ていますね。

 

さて、勉強会ではいつも最初に、師匠の「前置き」のような話があります。

これが毎回楽しみで、落語の枕のように本編導入へ向けての暖機運転(私の)になっています。

しかし、今回は前々から予想していた以上に、いきなりトップスピード。

内容をしっかり理解してじょじょに味わう余裕など全くなく、必死で聞いて書いて食らいつきます。

 

「集大成」と銘打たれた今回の勉強会は正にその言葉通りのスタート。

一通りお話が終わると、あとはひたすら実技です。

 

地味。とてつもなく地味ですが、上辺ではなく確実な変化を受け手も術者も実感する手技。

これは・・・良い。

 

自分だけでは何年、いや何十年とかかる・・・

というか自力では辿りつけないかも。

 

思い返せば、師匠との出会いは2010年6月の大阪でした。

先輩先生や色々なご縁あってのものですが、僕は運がいい!としか言いようがありませんね。

 

おかげさまで今回もしっかりと勉強させていただきました。

ありがとうございます。

 

知行合一といいますから、ちゃんと知識・技術が伴なうように繰り返し練習です。

来月からは新しい年度なので、また気持ちを新たにして積み上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です